痩せる薬を買うなら くすりエクスプレス

効率的なダイエット方法

ダイエット方法

ラットなどの研究実験から、空腹感は脳のどこかで感じるかというとも分かってきました。

 

脳の視床下部外側野という部分を破壊すると、無接触症と無印象が起こるのです。逆に腹内側核を破壊すると摂食亢進と肥満が起こることもわかっています。

 

その場所を刺激してみると、視床下部外側野の刺激では満腹であっても食事をはじめ太っていきます。そこが摂食中枢なのです。腹内側核では空腹でも食事をやめてしまいます。つまりそこが満腹中枢なのです。

 

つまり2か所がそれぞれ連動して働いているというわけです。ではそれらの脳はどうやって空腹や満腹を感じ取っているのでしょう。それは次のような空腹時・万福寺に起こる体内の変化からです。

 

@ 血中グルコース、有利脂肪酸、アミノ酸などの代謝副産物の濃度
A 血毛中インシュリン、グルカゴン、副腎皮質刺激ホルモン、成長ホルモン、副腎皮質ホルモンなどのホルモン濃度
B 食物の消化による発熱に伴う体温の上昇

 

まず満腹中枢にあるグルコース受容器というものが、体内のグルコース濃度の変化を感じ取り、それによって摂食行動が調節されます。この考えが最も一般的であり支持されています。
接触中枢や肝臓にもグルコース受容器がありこちらもその調節にかかわっているとされています。

 

また、人は夏には食欲がなくなり、寒くなってくると食欲が出てくる。さらに、食事をすると体温が上がりぽかぽかする。こうしたことから、脳が体温上昇を感知して接触を調整しているとも考えられています。